TryEngineering.org: Discover the creative engineer in you. Accreditation.org: The ultimate resource for engineering, computing and technology accreditation. TryNano.org: Nanotechnology for a wider audience.  
         TryEngineering.org > 技師になる > 機械工学
Discover the creative engineer in you
Become an Engineer
プロジェクトとコンテスト
サマーキャンプ
工学専攻
化学
土木
コンピュータ
電気
機械(設備)
その他...
技術工学専攻
化学
土木
コンピュータ
電気
機械(設備)
その他...
機械工学

機械工学は工学分野で最大の、最も幅広く、最も古い分野の1つです。機械技師は、エネルギー、材料、および力学の原則を使ってすべてのタイプの機械と装置を設計し製造します。また技術と産業を推し進めるプロセスとシステムを確立します。この分野の主な特徴は、その幅広さ、柔軟性、および個性にあります。機械技師のキャリアの道は多くの場合個人の選択により決めることができ、変化を遂げる世界では明らかに有利な点です。力学、エネルギーと熱、数学、理工学、設計、および製造が機械工学の基礎を形成します。機械学(力学)は静水に始まって極超音速の宇宙船の周りを流れるガスなどの流体や、粒子から機械や複雑な構造物に至るすべての物の動きを含みます。機械工学に関する詳細情報は Sloan Career Cornerstone Center's Mechanical Engineering(Sloan Career Cornerstone Center の機械工学)サイトでご覧ください。機械工学の分野を探究するにはASMEの技術部門による技術的な関心事項を調査することが推奨されます。

大学入学前の生徒を対象としたキャリア ガイド:

大学入学前の生徒は学校および課外学習でなるべく多くの数学と科学のコースを取ることが必要です。5-9 才の生徒は追加の算数、パズル、コード探究プロジェクトを行うことが推奨されます。9-12 才の生徒は追加の算数、および意欲のある場合は代数の準備学習と幾何学を学ぶことが推奨されます。12-18 才の生徒は高等代数学、化学、微積分学、幾何学、三角法、物理学、設計、および工学概念のコースを取るように検討することが推奨されます。また生徒の工学への関心を電気工学と原理を使った実務により高める、複数のレッスンと学習やプロジェクトとコンテストがあります。これらの学習を導入しプロジェクトやコンテストに参加することにより、生徒は技術と社会に対するその影響についての理解を深めることができます。他の生徒と一緒に好奇心を探究し工学の実務的な応用を体験することにより、工学が自分の将来のキャリアとして相応しいかどうかをより良く判断することができます。夏期プログラムと実務研修は、大学に入学する前に工学を探究する上でのもう1つの素晴らしい方法です。

機械工学を専攻する学生による学習内容:

機械工学プログラムは技術トレーニング以上のものを提供し、これには、いかなる種類の工学、製造、投機的事業、管理、または法務さえにも適用できる、より洗練された分析技術と問題解決技術が含まれます。また人生とキャリアにおいて役立つ思考過程と方法について学習します。当初から技師としての本質的な考え方と問題解決の過程を体験させるプロジェクトに携わりますが、特に3~4年目にかけてこれが顕著になります。多くの技術系生徒が実務研修プログラムにも参加します。実務研修を行う生徒は、コースの学習により異なる業界で異なる業務経験を積みます。

パンフレットと他の資料:


(工学学位および技術工学学位のプロファイルはThe Sloan Career Cornerstone Center によりTryEngineeringに提供されました。)

home about contact us links sitemap disclaimer